都市銀行

都市銀行で事業資金を融資してもらうには、事業実績がないと難しいと言われています。したがって、まだ仕事の実績がない創業資金の融資には向いていないかもしれません。都市銀行で融資を受けることのメリットとデメリットを見てみましょう。

都市銀行で融資を受けるメリット

都市銀行で融資を受けるデメリット

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は国の機関なので、金利が低く、中小企業や零細企業の味方というイメージがあります。創業資金の融資も積極的に行っています。日本政策金融公庫で融資を受けることのメリットとデメリットを見てみましょう。

日本政策金融公庫で融資を受けるメリット

日本政策金融公庫で融資を受けるデメリット

日本政策金融公庫で融資を受ける際の注意点

都市銀行で融資を受ける際の注意点

一定の売上や利益を上げているか

もっと売上を増加させたいときや設備投資をしたいときには今以上の資金が必要になることもあります。借入を利用して資金調達ができれば、それを使って仕入れを増やすことなどができるでしょう。資金調達先として、都市銀行だと他の地方銀行などに比べると借入金利が低いケースがあります。ただ注意点として、審査がそれなりに厳しくなる点が挙げられます。借りたお金は当然返さなければならないため、返済能力があるかどうかをしっかりチェックされるでしょう。節税対策をし過ぎていると利益が少なくなるケースがあり、それが審査に影響する場合もあります。事業拡大のために融資を受ける予定があるのであれば、節税対策よりも利益が多めに出る決算にしておくなど事前の対策が必要と言えます。

融資希望額によって断られる可能性

企業が資金を必要とするタイミングの代表例として、設備投資があります。大手メーカーとなるとかなりの額の設備投資をする場合があり、そのために外部から資金調達をすることは珍しくありません。優良な大企業なら都市銀行で融資合戦をするときもあるでしょう。では、中小企業が設備投資用として簡単に融資が受けられるのかですが、まずは審査に通らなければいけません。そして、融資額がいくらになるかもポイントと言えます。銀行としてはたくさん融資をした方が多くの利息が得られるので、融資額で融資実行の判断をするときもあるでしょう。そのため、あまりに少ない融資の申し込みだと基準に達しないために融資をしてもらえない場合もあります。少額の場合はその金額でも融資してもらえる地方銀行などを使うことも検討しましょう。

売掛金の回収リスクを回避して現金化を促進するファクタリング

ファクタリングは、企業が持つ未回収の売掛金を取り扱い会社が買い取って現金化するサービスです。企業は売掛金の回収リスクを回避でき、一定手数料は掛りますが、全額回収不能よりは遥かにリスクは小さいです。