日本政策金融公庫で融資を受ける際の注意点

事業計画書はしっかり書く

日本政策金融公庫で融資を受けたいと考えるなら、事業計画書は重要です。上手くしっかり書けていないと、融資は受けられないでしょう。事業計画を立てることができても、それを分かりやすく実現可能な内容にするのはまた別の才能です。それであれば、専門家からのアドバイスを受ける方がいいでしょう。専門家は計画書の書き方から融資を受けるために必要なノウハウまで教えてくれます。それは融資につながる有益なアドバイスになりますので、確実に計画書に盛り込みましょう。また、事業計画書を書くなら一度事業について整理することが大事です。整理してみると、色々なマイナスな点が見えてきます。その点を修正して計画書に書けば、以前よりも良い計画書になるでしょう。

再申請できないことに注意する

融資の審査を受けるときは、安易に申請をしないことが大切です。日本政策金融公庫の審査に落ちてしまうと、もう一度同じ事業で審査を受けることはできません。そのため、事業内容に自信があるときしか申請はしない方が良いでしょう。ただし、事業計画書を大幅に変更した場合や事業の内容を変えたときには申請することができます。申請はできますが、そうなると以前の事業とは違うものになります。このようなリスクがありますので、準備を整えて審査に通る目算が立ってから申請を行うことが重要です。また、審査に通るか微妙な場合は第三者にも見てもらうことも一つの手段です。分かりにくい点などを指摘してもらえば、理解されやすい計画書になるでしょう。