都市銀行で融資を受けるデメリット

融資審査が非常に厳しい

都市銀行は国内の大企業や世界を相手にビジネスを行っており、そういった大口顧客がメイン顧客になっています。大資本経営で銀行員たちは厳しいノルマを課せられているため、利益が見込める融資先なのかどうかの判断は非常に厳しくなります。大企業以外の場合はよほど経営状態が良い企業であったり、先行きが明るい企業でない限り、そもそも融資を受けることすら難しいでしょう。地方銀行や信用金庫とは違い、非財務情報はほとんど考慮してもらうことができず、決算書の数字で厳しく判断されてしまいます。そのため、融資を受ける際には決算書の作成だけでも膨大な労力が必要となります。また、審査期間も長くなることが多いため、すぐに資金が必要な場合も不向きなことが多いです。

返済条件の変更に簡単には応じてもらえない

事業をしていれば、経営環境の変化等から業績が苦しくなることは当然あります。業績が悪くなり、資金の返済負担が重くなってしまった際に考えることは返済条件の変更です。地方金融機関であれば、返済条件の変更程度は割と素早く対応してくれることが多いです。しかし、都市銀行の場合、返済条件の変更にも簡単には応じてもらえないでしょう。大口顧客を相手に仕事をしている都市銀行からすれば、返済が苦しくなった企業の返済条件の変更といった仕事は利益が上がらず、面倒だと捉えられてしまうというのが理由だと考えられます。最終的に応じてもらうことが出来たとしても、そこまでにかかる期間は長くなりがちで、業績の悪化した企業からすれば負担となってしまいます。